どうも

たつや(@business_tatuya)です。

JINS PCさんが「パソコンを使うときあなたの目は無防備かも?」という文句と共にブルーライトをカットできるメガネをテレビコマーシャルで流しました。

そこからブルーライトに関する話題が取り上げられるようになりました。

ブルーライトが与える影響やブルーライトカットメガネは度なしでも効果があるのか?

まとめていきます。




スポンサーリンク




ブルーライトが与える影響とは?


出典:ブルーライト研究会HP

スマートフォンやパソコン、LED照明には、「ブルーライト」という青色の光が入っています。

ブルーライトは目に見える光の中で最も波長が短く、エネルギーが強いといわれています。

ブルーライトと睡眠について研究している杏林大学医学部 精神神経科学教室の古賀良彦教授は、「空が青いのは、まさにブルーライトが散乱して見えるからですが、スマートフォンの普及によって夜にブルーライトを浴びる機会が増えてきました。そのために眠れない人が増えています」と語っていました。

そんなブルーライトが与える影響についてこの章で紹介します。




スポンサーリンク




ブルーライトが目に与える影響とは?


ブルーライト

はっきりとものを見るために、人は無意識のうちに網膜上にピントが合うよう眼のレンズの厚さを調節しています。

ブルーライトは波長が短く散乱しやすいため、網膜の手前で像を結んでしまいます。そのため像がちらつき、ぼやけてしまうため、眼はピントを合わせようとレンズを調節します。

つまり、私たちが意識していなくても、カメラのオートフォーカス機能のように、眼が常にピントを合わせようと働き続けるため、レンズを調節するピント調節筋が疲労し、眼精疲労の原因になります。

 さらに、ブルーライトには、目に入る光を減らそうと瞳孔を縮める筋肉を酷使したり、涙を減らす作用もあるなど、様々な悪影響が分かってきています




スポンサーリンク




ブルーライトは体内時計に影響する?


体内時計

ブルーライトを見ると体内時計のリズムが乱れます。

その原因は昼間、ブルーライトを浴びるとメラトニンの分泌が抑えられて活動が高まります。

それを夜に浴びるとブルーライトを含む明るい光を昼と判断し、体内時計に作用して睡眠を促すメラトニンの分泌が抑制されて眠れなくなると言われています。

夜にスマートフォンを見ていると体内時計のリズムが乱れて、夜寝れなくなり、朝起きられなくなります

体内時計の睡眠と覚醒のリズムが乱れて、メラトニンの分泌が減ると肥満や生活習慣病、がんなどの発症に影響するという報告もあります。

就寝前はできるだけブルーライトを見ないようにするなど、節度をもった使い方や工夫が必要になっています。




スポンサーリンク




ブルーライトカットメガネの効果とは?


ブルーライトカットメガネ

先ほど就寝前はできるだけブルーライトを見ないようにすると言いましたが、連絡や何かとあって、それはできないという人に向けてブルーライトカットのメガネがあります。

そのブルーライトカットメガネがどのくらい効果があるのか?

度なしのメガネでも効果があるのか?

まとめていきます。




スポンサーリンク




度なしでも効果があるのか?


結論から言うと、度ありでも度なしでも効果は変わりません

つまり度なしでも効果があります。

テレビコマーシャルをやっていたJINS PCさんでも度なしのメガネを扱っており、様々な組み合わせで作成することができます。

度ありの方だと、視力テストをし自分の目にあった度数のメガネを作成するので、時間がかかりますが、度なしだと購入するだけですので、購入の手間でいうと、度なしの方が楽に購入することができます。




スポンサーリンク




ブルーライトカットメガネの透過率テストでの結果


パソコンやスマートフォンを使用する際に着用すると、眼精疲労等を和らげる働きがあるとうたわれる「ブルーライトカット眼鏡」が普及し、各社が自社のブルーライトカット眼鏡について機能を広告し、様々なメディアで宣伝を目にする機会も増えてきました。

そんな背景もあり、ブルーライトカット眼鏡の透過率について調査を実施し、その結果について情報をまとめているところがあります。

その結果について紹介します。

出典:神奈川県HP

この表を見ると

実際のカット率とメーカーが表記しているカット率に差があることが分かります。

特に1000円未満の商品に誤差が大きく見られる結果となりました。

ですので、購入の際は注意して購入することをお勧めします。




スポンサーリンク




ブルーライトカットメガネの選び方とは?


ブルーライトカットメガネには、メガネのレンズに色がついているものと、無色透明のものがあります。

それぞれに特徴があり、簡単に説明するとブルーライトを反射させるか、ブルーライトを吸収させるかの差になります。

それぞれのレンズの特徴について紹介します。




スポンサーリンク




ブルーライト 反射タイプの特徴


出典:Zoff

反射させるタイプの特徴は、レンズが無色透明でできています。

透明ですので、普段使いにも使え、違和感なく眼鏡を使うことができます。

デメリットとして、反射タイプのレンズはブルーライトカット率は低くなります。




スポンサーリンク




ブルーライト 吸収タイプの特徴


出典:Zoff

吸収させるタイプの特徴は、レンズに色がついています。

色がついているので、普段使いとして使うことが難しいです。

メリットとしては、ブルーライトカット率が高いことになります。




スポンサーリンク




ブルーライトカットメガネ 特徴まとめ


先ほどレンズはブルーライトを吸収するタイプと反射するタイプがあるとお話ししました。

反射タイプはブルーライトのカット率が低く、吸収タイプがブルーライトのカット率が高くなっています。

これを聞くと吸収タイプが良いと思われるかもしれませんが、そうではありません。

ブルーライトを必要以上にカットしすぎると、生活リズムが狂ってしまうことがあるからです。

また、カット率の高いメガネを明るい部屋で使うと、疲れ目の原因にもなります。

ブルーライトカットメガネを快適に使うには、用途に合ったカット率のものを選ぶのがコツというけわけです。

選ぶ際の目安がありましたので、添付します。

出典:メガネスタイルマガジン



スポンサーリンク




ブルーライト まとめ


ブルーライトカットメガネ度なしでも効果があるのか?というテーマで書いていきましたが、度なしでも効果が変わらずあります。

しかし、注意しなければいけないのが、安いブルーライトカットメガネだと表記しているカット率と実際のカット率に大きく差があることが分かりました。

またレンズにはブルーライトを反射するタイプと吸収するタイプがあり、この使い分けは、使う用途に合わせて購入することが大切になってきます。

ブルーライトは目を疲れさせたり、体内時計を狂わせるなど生活に影響を及ぼすものなので、パソコンやスマートフォンを使う際は、目の保護をしてあげることも大切だと思います。

またアイフォンだとナイトモードという機能がありますので、これを活用するのもいいかと思います。

大切な目を守ってあげましょう。




スポンサーリンク




 

 

 

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

最後に私の自己紹介をさせてください。

 

 

上司に「お腹出てきたな」と言われ、本気でダイエットと筋トレに取り組んだ結果、自分の体型を変えることができました。

 

自分の容姿は変えることができるそう実感しました。

 

自分が経験したダイエット方法や筋トレ方法を紹介します。

 

 

 

このブログに「いいな」や「たつやを応援してやるか」と思った方は下をクリックしていただくと、たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事