どうも

たつや(@business_tatuya)です。

リフォームの営業マンが教える新築を建てる際に役立つ間取りや家を購入する際の注意点をまとめていきます。

新築の営業マンは教えてくれないないようになっていますので、皆様のお役に立てれば幸いです




スポンサーリンク




新築を建てる際は動線を注意するだけではダメ?


新築を建てられる方で悩まれるのが、どのような間取りにするか?

これに悩まれると思いますが、将来を見据えた間取りが大切になります。

子供が生まれた時

子供が大きくなってきた時

子供が独立した時

夫婦2人になった時

おじいちゃん、おばあちゃんになった時

考え出したらきりがないですが、どのような形になってもなるべく対応できる間取り作りが大切になってきます。




スポンサーリンク




将来、子供が独立し2人になったら使わない部屋だらけになる!?


リフォームの営業をしていると、一番多く言われるのが、「夫婦2人になって部屋が余っている、こんな大きな家いらない」という声がもっとも多くあります。

特に高齢になると1階での生活がメインになり、2階はほとんど使わなくなります。

2人になった時にも無駄なく使える間取りに変更できるような間取りにしておくことも大切かと思います。




スポンサーリンク




なるべくメンテナンスフリーな家がオススメ!?


家を購入すると、将来的に必ず家のメンテナンスをしなくてはいけません。

これは家を買った人なら絶対にしないといけないので、間取りだけでなくこちらの話も注意してください。

ですので、新築を建てる際はなるべくメンテナンスフリーな家にすることをお勧めします。




スポンサーリンク




新築営業マンが教えてくれない将来のリフォームについて


新築の営業マンは家を販売する営業ですので、リフォームについての知識はあまりありません

ですので、新築を購入する時にそんな話は聞いていなかったと言われることが多々あります。

購入の際はこちらにも注意しましょう。




スポンサーリンク




外壁、屋根のメンテナンスとは?


外壁や屋根は定期的に塗装しないといけません。

外壁は15年から20年で塗装とシーリングの打ち替えが必要になります

屋根も同様15年から20年で塗装が必要になり、30年くらいに葺き替えか、重ね葺きが必要になります。

これをしないと腐食したり、雨漏れの原因になりますので必ずメンテナンスしないといけません。




スポンサーリンク




家を守るために必要な防水工事とは?


家の中に水が入らないようにするために、定期的に防水工事が必要になります。

防水工事の具体的な例は、

シーリング打ち替え

バルコニー防水

こちらが防水工事になります。

家を守るためにこちらが大切になります。




スポンサーリンク




新築で良い家とは?


リフォームの営業マンがオススメする良い家とはどのようなものなのか?

こちらは将来のメンテナンスのことも踏まえたオススメの家の考え方になっています。

新築を購入の際はこちらを参考にしていただけると幸いです。




スポンサーリンク




タイルの外壁がオススメ!?


現在新築を建てる人の多くが外壁にタイルを使用しています。

タイルの大きなメリットは、外壁のメンテナンスが不要なことです。

普通の外壁ですと10年から20年の間に外壁の塗装が必要になります

外壁の塗装は足場費用も含めて何百万とかかります。

タイルにするとその費用がかかりませんので、将来的に楽になります。

ですので、タイルの外壁を採用することをお勧めします。




スポンサーリンク




バルコニーは小さい方が良い!?


バルコニーの防水は15年くらいからを目安に行う必要があります。

バルコニーの防水にも様々な施工方法がありますが、防水をしっかりとするためには、こちらも高額な費用がかかります。

かといってほっておくと雨漏りしますので、バルコニーの防水も必ず必要になります。

バルコニーの防水は大きさで変わりますので、なるべく小さいバルコニーにすることをお勧めします。




スポンサーリンク




部屋の上にバルコニーがあるのは最悪?


よく部屋の上にバルコニーがある家がありますが、こちらはバルコニーから雨漏れすると、下の部屋に雨漏れが直撃するので、このタイプのバルコニーだと絶対に防水工事が必要になります。

雨漏れするとしたの部屋のクロスを張り替えたりと無駄な費用がかかりますので、部屋の上にバルコニーを作るのはお勧めしません

バルコニーを作るなら壁から出ているバルコニーにしましょう。




スポンサーリンク




将来仕切ったり、仕切りを無くせる間取りがお勧め?


子供が生まれたり

子供が大きくなったり

子供が独立したり

夫婦2人で住むようになったり

でも対応できるように、間仕切りを動かせるような間取りにすることをお勧めします。

普段は2人で住んでるけど、たまに子供たちが戻ってくるなどの場合は、普段は間仕切りを開けておいて開放感がある間取りにしておき、戻ってきたらしめて各部屋ごとに分けるこの間取りがお勧めです。




スポンサーリンク




新築での間取り まとめ


新築を建てる際の注意点をまとめていきました。

子供が独立した時の無駄な広さ

将来かかるメンテナンスの費用

バルコニーは大きくしない方が良い

外壁はタイルがお勧め

など新築を購入する際のポイントをまとめました。

子供が独立して2人で生活することも視野に入れた新築購入を考えた方が将来役立つかもしれませんね。




スポンサーリンク

 

 

 

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

最後に私の自己紹介をさせてください。

 

 

上司に「お腹出てきたな」と言われ、本気でダイエットと筋トレに取り組んだ結果、自分の体型を変えることができました。

 

自分の容姿は変えることができるそう実感しました。

 

自分が経験したダイエット方法や筋トレ方法を紹介します。

 

 

 

このブログに「いいな」や「たつやを応援してやるか」と思った方は下をクリックしていただくと、たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事