どうも

人生を変えるダイエットアドバイザー

おかたん(business_tatuya)です。

 

ダイエットしてるつもりが

間違ったダイエット方法で

ダイエットとは正反対の方向に

進んでいる人が多くいます。

 

「なぜかリバウンドしてしまう」

「痩せてきたけど、体が貧弱に」

なんてことありませんか?

 

それは筋肉が分解されているからなのです。

ダイエットをすると

筋肉が分解されていくので

筋肉の分解をどれだけ防ぐか?

筋肉をどれだけ作れるか?

がポイントになってきます。

 

それでは筋肉の分解について

紹介していきます。

 

筋肉の分解は空腹時から始まっている?

 

体の仕組みについて紹介していきます。

人間の体は

心臓を動かしたり、呼吸したり

食べたものを吸収するのに、動いたりするのに

全てエネルギーを使います。

車にガソリンが必要なように

人間にもエネルギーが必要なのです。

人間はガソリンではなく

食べたものをエネルギーに変えて生きています

 

しかし

ダイエットで食べるものを極端に減らしたり

食べなかったりすると

エネルギーを作り出すことができません。

 

生きていくためにはエネルギーが必要なので

体に蓄えられている脂肪を燃やしエネルギーに変換します。

これがあるから食べる量を極端に減らしたり

食べないダイエットをする人が多いのですが

実は、脂肪だけでなく

筋肉も分解されエネルギーに変換されます。

 

この分解は空腹を感じた時から始まっています。

空腹を感じるのはエネルギーが不足している時なので

ダイエット始めました
お腹すいたな

と感じたら筋肉の分解が始まっているのです。

 

筋肉の分解を抑えるにはどうしたらいいのか?

 

筋肉の分解を抑えるには

空腹の時間を減らす必要があります。

 

空腹の時間を減らすポイント
①1食あたりの食べる量を減らす
②3時間おきくらいに食事する
③会社や学校でできない人は、プロテインで摂取する

これが空腹の時間を減らすポイントになります。

①1食あたりの食べる量を減らす

1食あたりの食事量を減らし

こまめに食事することで

空腹の時間が少なくなり

ダイエット始めました
ダイエット中は空腹がつらいんだよな

そんな人でもこの食事をすれば

改善することができます。

 

②3時間おきくらいに食事する

これはダイエットをしている人なら

衝撃なのではないでしょうか?

今まで食べる量を必死にしてきたのに

ダイエット始めました
食べる回数を増やして大丈夫なの?
なんて思われる方も多いはず。
空腹の時間を減らすことが大切なので
この食事方法は有効な方法になります。
③会社や学校でできない人は、プロテインで摂取する

ダイエット始めました
そんなこと言っても、働いているから3時間おきなんて無理だよ
という人も多いと思いますが
食事と言っても
プロテインを飲んだり
プロテインバーを食べたり
それだけでも大丈夫です。
それくらいならなんとかできるのではないでしょうか?

筋肉はわがままだった?

 

これまで筋肉の分解について紹介してきました。

しかし筋肉は食事以外でも減っていきます。

それは筋肉に定期的に負荷がかからないと

筋肉は減少してしまうのです。

筋肉はわがままっこなんです。

ちゃんと食事も与えてあげないと行けないし

負荷をかけて構ってあげないと行けないし

ほんとワガママですよね。

さらにワガママなのが

負荷も同じ負荷でやり続けると

「もっともっと」

と催促してきます。

ですので同じ負荷でやっても効果がでにくく

負荷をあげていかないと行けません。

 

まとめ:筋肉は食事と筋トレをしないと減っていく

 

筋肉は減っていきます。

ダイエットでは特に食べる量を減らすので

筋肉が減りやすいです。

筋肉を減らさずに

どうやって脂肪を減らすか

ダイエットではこれが大切になってきます。

 

その方法は

食事の回数を増やすこと

タンパク質を定期的に摂取すること

 

これが大切です。

 

極端な食事制限は筋肉が減ってしまうので

食べる回数を意識してダイエットに挑戦してみてください。

 

 

このブログに

「いいな」とか

「おかたんを応援してやるか」

と思った方は下をクリックしていただくと、

たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

おかたん公式LINE

おかたんの公式LINEになります。

ダイエット情報の発信や

ダイエットの相談を受け付けております。

上記のURLをクリックすると

飛ぶことができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事