どうも

人生を変えるダイエットアドバイザー

おかたん(business_tatuya)です。

 

筋トレ本気組の人って

体を絞ったと思ったら

爆食いして太ってる

なんてことよく見ないですか?

それにはある理由があって

そのために必要な行為なのです。

 

このノウハウは筋トレを

本気でしたい人だけでなく

ダイエットする人にも

知るべきことなのです。

 

ダイエット始めました
ダイエットしてるのに太る気なんかないぞぉ
と思われる人も多いと思いますが
ダイエットする人は
このノウハウを使うことで
さらにダイエットの効率がよくなるのです。

ダイエット始めました
ダイエット中なので関係ない
なんて思わず
絶対に役立つので最後までご覧ください。

 

 

増量期と減量期は筋肉を育てるために

必要な行為なのです。

筋肉を育てるには栄養が必要なので

増量期でたくさん食べて

筋肉を大きくします。

そして減量期で筋肉を維持したまま

脂肪を落とすという考え方になっています。

 

実は脂肪を落としながら

筋肉を増やすことは

かなり難しく

脂肪を落とすと、筋肉も落ちてしまうので

増量と減量を行い

筋肉を増やしていっているのです。

 

なぜ増量期と減量期があるのか

分かったところで

増量期と減量期の特徴について

紹介していきます。

 

増量期とは?

 

増量期の考え方は

消費カロリーよりも摂取カロリーを多くすること

これが増量期なのです。

 

ダイエット始めました
ん?待って。それじゃただただ食べまくる期間ってこと?
減量期に比べれば、食べまくる期間なのかも知れませんが
ただただ食べれば良いという訳ではありません。
食事の方法も大切になってきます。
特に筋トレ後の筋肉の修復には
タンパク質と炭水化物が必要なので
タンパク質だけでなく炭水化物もたくさん摂るのが
増量期の特徴でもあります。

減量期とは?

 

減量期の考え方は

消費カロリーより摂取カロリーを少し少なくすること

これが減量期なのです。

減量期で最も重要なのが

増量期で増やした筋肉を減らさないこと

筋肉を減らさず、いかに脂肪を落とせるか

これが減量期になります。

 

増量期と減量期の食事の違い

 

増量期と減量期の特徴を知ったところで

具体的に食事ではどのような違いがあるのか

それをここで紹介していこうと思います。

 

増量期の食事とは?

 

増量期は筋肉に良いものを

いっぱい摂取し筋肉を育てることが大切です。

 

筋肉は負荷がかかると

筋肉が傷つきます

傷ついた筋肉が修復するときに

筋肉が大きくなるのですが

この修復するのには

タンパク質炭水化物が必要なのです。

タンパク質と炭水化物をいっぱい摂取するように

心がけましょう。

摂取量としては

自分の1日の消費カロリーより

500〜1000キロカロリー多い食事を

摂るのが増量期の食事の目安になります。

 

食事のポイント
・タンパク質をたくさん摂取する
・特に筋トレ後はタンパク質と炭水化物をたくさん摂取する

減量期の食事とは?

 

減量期は筋肉の分解を抑えながら

脂肪を落とす期間なので

筋肉の分解を抑える食事が大切になります。

 

自分の1日の消費カロリーより

100キロカロリーほど少ないくらいの食事が

減量期の食事の目安になります。

 

また増量期とは違って

炭水化物の量を減らすことが必要になってきます。

炭水化物は蓄積されやすいので

使われないと脂肪として溜まっていきます。

 

食事のポイント

炭水化物を減らし、タンパク質を

たくさんとって筋肉の分解を抑えます

増量期と減量期の期間はどれくらいすればいいのか?

 

 

この期間については

これくらいの期間がいいというものがありません。

ですので自分のタイミングで増量と減量を切り替えて

いけば大丈夫ですが

増量期をスタートする時は

期間は何ヶ月間すると決めて始めた方がいいかも知れません。

増量期から減量期に切り替えするのが

つらいタイミングなので

期間を決めてないと

「まだいいか」と

ずるずると増量期間が

長くなっていってしまう可能性が

あるので

3ヶ月なら3ヶ月と決めてスタートすることがオススメです。

 

私のやり方ですが

3月くらいから徐々に減量していき

夏の薄着になる時期に体が絞れるように

調整していき

薄着の季節が終わる頃から

増量するようにしています。

 

これはあくまで目安なので

期間については

自分のやり方を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ:増量期と減量期は筋肉を成長させるために必要

 

増量期と減量期について紹介してきましたが

増量と減量は筋トレ本気組のものだけでない

ということはご理解いただけたでしょうか?

ダイエットには筋肉を増やすことが大切なのですが

実は多くの人は

脂肪を減らすことだけに目を向けて

筋肉が減っていることに気づいてない人が多くいます。

リバウンドしてしまうのは

これが原因の1つなのです。

 

脂肪を落としながら、筋肉を増やすのは

不可能に近いので

増量期で筋肉を増やし

減量期で筋肉を維持しながら

脂肪を減らします。

 

これがダイエットの本質的なメソットなのです。

脂肪を減らすことだけに目を向けず

筋肉を増やすことにも目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

このブログに

「いいな」とか

「おかたんを応援してやるか」

と思った方は下をクリックしていただくと、

たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

おかたん公式LINE

おかたんの公式LINEになります。

ダイエット情報の発信や

ダイエットの相談を受け付けております。

上記のURLをクリックすると

飛ぶことができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事