この記事は約4分で読むことができます。

 

どうも

人生を変えるダイエットアドバイザー

おかたん(business_tatuya)です。

 

脂肪をつまむと何だか痛いんだよなぁ

なんてことありませんか?

 

その痛みには原因があります。

 

その原因と解決策をここで紹介していきますので

痛みが気になるという方は

実践してみてください。

 

この記事を読むメリット
脂肪について詳しくなる
痛みから解放される
脂肪を減らすことができる

 

脂肪をつまむと痛い理由とは?

ダイエット始めました
なんだか脂肪をつまむと痛いんだよなぁ

 

その脂肪をつまんだときに痛みが出るのは

あることが原因なのです。

 

その原因とは

リンパが詰まって血流が悪くなっているところに

ついた脂肪なのです。

 

リンパが詰まりやすい箇所の脂肪は要注意なのです。

 

リンパとは何なのか?

 

脂肪をつまんだときに痛みが出るのは

リンパが詰まっている部分の脂肪だからと分かりましたが

 

ダイエット始めました
ところでリンパってよく聞くけど
何なの?

 

と疑問に思われる方も居られると思いますので

リンパについて紹介します。

 

リンパとは体中にある血管みたいなもので

不要な脂肪などの老廃物を回収してくれる役割があります。

 

ダイエット始めました
ゴミ収集車みたいな役割をしてくれるんだね !

その通り!

リンパは体を守るためにとても大切な役割を担っているんです。

 

 

リンパがつまる理由とは?

 

ダイエット始めました

リンパが体の為に必死に活動しているのは分かったけど

なんでリンパってつまるの?

 

疑問に思いますよね?

 

それにも原因があります。

 

それにはリンパが流れる仕組みが関係しています。

 

リンパが流れる仕組みは

  1. 心臓のポンプ機能により流れる
  2. 筋肉、臓器に圧迫され流れる

この2つがあります。

 

リンパの流れのメインは筋肉や臓器から圧迫され

流れが生じる方になります。

 

筋肉が弱ってきたり、筋肉があまり動かない箇所は

リンパがつまりやすいのです。

 

あまり筋肉を使わない箇所

筋肉自体が衰えてきたりすると

リンパが詰まりやすくなります。

 

脂肪の種類とは?

 

脂肪がつまんだら痛くなるのは

リンパが詰まってるからでした。

 

それが分かったところで

少し脂肪について紹介します。

 

脂肪と言っても

脂肪には2種類あります。

 

それは

  1. 皮下脂肪
  2. 内臓脂肪

この2つが脂肪の種類です。

 

この2つの差はご存知でしょうか?

 

意外と知らないこの2つの違いについて

紹介していきます。

 

皮下脂肪

 

皮下脂肪(ひかしぼう)

その名の通り、皮膚の下にある脂肪です

 

皮下脂肪がつくと見た目に分かりやすい脂肪で

あまりつけたくない脂肪でもあります。

 

 

つまんだときにつまめるのが皮下脂肪で

体温を保ったりする役割があり

なかなか落ちない脂肪なのです。

 

内臓脂肪

 

内臓脂肪(ないぞうしぼう)

 

内臓脂肪は腹筋より奥にある脂肪で

つまんでもつまむことができません。

 

年齢とともに溜まっていく脂肪で

病気の原因になりやすい脂肪です。

 

内臓のクッション材の役割があり

食事制限や運動で比較的落ちやすい脂肪です。

 

脂肪をつまむと痛い!それを解消する方法

 

脂肪をつまむと痛い!

それを解消するには

リンパを詰まらせないことが大切になります。

 

その為に

リンパマッサージでリンパを流してあげる必要があります。

 

マッサージ方法を詳しく紹介しているサイトが

ありましたので

マッサージ方についてはこちらを参考にしてみてください。

リンパマッサージ方法

 

またマッサージだけでなく

ストレッチもリンパのつまりを解消するのに

とても効果的なのです。

 

ストレッチについても写真とイラストで

分かりやすく紹介しているサイトがありましたので

こちらを参考にしてみてください。

ストレッチ方法

 

リンパのつまりから痛みにつながっているので

解消する為に

マッサージやストレッチをやってみましょう。

 

まとめ:脂肪をつまむと痛いのは〇〇が原因だった

 

これまで脂肪をつまんだときの痛みについて紹介してきましたが

痛みの原因については

リンパが詰まっていることが原因でした。

 

リンパは老廃物を回収してくれる大切な役割があるので

詰まらないようにすることが大切なのです。

 

詰まらないようにする為に

お風呂でマッサージをしたり

お風呂上りにストレッチしたりすれば

改善されると思います。

 

記載したマッサージ、ストレッチ方法を参考にしてみてください。

 

自分でやっているやり方があればそれでも大丈夫です。

 

また脂肪についても紹介しました。

 

脂肪は2種類あって

皮下脂肪と内臓脂肪がありました。

 

それぞれ特徴があり

落とす方法は同じですが

皮下脂肪の方が落ちにくい脂肪になっています。

 

なかなかお腹のたるみが取れないなってのは

皮下脂肪が落ちにくいからなのです。

 

落ちないわけではありませんが

なかなか落ちないのが厄介なところです。

 

脂肪が痛む原因と脂肪の特徴をこれまで紹介してきましたが

脂肪について詳しくなれましたか?

 

ここで紹介したことは1日やっただけでは改善されないので

継続して行ってください。

 

そして痛みが改善されることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

最後に私の自己紹介をさせてください。

 

 

上司に「お腹出てきたな」と言われ、本気でダイエットと筋トレに取り組んだ結果、自分の体型を変えることができました。

 

自分の容姿は変えることができるそう実感しました。

 

自分が経験したダイエット方法や筋トレ方法を紹介します。

 

 

 

このブログに「いいな」や「たつやを応援してやるか」と思った方は下をクリックしていただくと、たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

おかたん公式LINE

おかたんの公式LINEになります。

ダイエット情報の発信や

ダイエットの相談を受け付けております。

上記のURLをクリックすると

飛ぶことができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事