どうも

人生を変えるダイエットアドバイザー

おかたん(business_tatuya)です。

 

ダイエットについて調べると

必ずといっていいほど出てくる

【タンパク質】

「タンパク質ってなんなの?」

「ダイエットに何がいいの?」

と思われている方も多いと思います。

タンパク質って実際なになの?

なぜダイエットにいいのか?

これを知ってタンパク質を摂取している人は

少ないと思います。

そんな皆様の声にお答えして

タンパク質の実態をここで解明していきます。

 

タンパク質はアミノ酸の集まりだった

 

タンパク質はアミノ酸が集まったものなのです。

  1. アミノ酸が集まる
  2. ペプチドに変わる
  3. ペプチドが集まりタンパク質に変わる

 

タンパク質はこのような構造になっています。

 

筋肉内臓皮膚腱や髄など

タンパク質から作られており

人間の体の中でタンパク質は

水分の次に多いものになっています。

 

タンパク質の特徴として

体内で一度アミノ酸に分解され

アミノ酸が各組織に送られ

そこでタンパク質に再度合成する

というのがタンパク質の吸収の流れです。

 

タンパク質がダイエットに良い理由

 

タンパク質の正体が分かったところで

なぜダイエットにタンパク質が良いのか?

これには2つの理由があります。

それは

  1. タンパク質の吸収にはカロリーを使うから
  2. タンパク質は筋肉の元になるから

です。

この2つの理由からダイエットに良い栄養素となっています。

では1つづつ紹介していきます。

 

タンパク質の吸収にはエネルギーを使うから

 

先ほどタンパク質の性質を紹介した時に

こんな話をしました。

タンパク質は

体内で一度アミノ酸に分解され

アミノ酸が各組織に送られ

そこでタンパク質に再度合成する

というのがタンパク質の吸収の流れです。

一度分解され、再合成されます。

タンパク質を吸収するのに

エネルギーを消費します。

事実、栄養素の中で一番エネルギーを使うのが

タンパク質です。

 

食事を吸収する時に使うエネルギーのことを

食事誘導性熱産生

と言います。

タンパク質のみを摂取した場合、摂取エネルギーの約30%を消費します。

脂質のみを摂取した場合、摂取エネルギーの約4%を消費します。

糖質のみ摂取した場合、摂取エネルギーの約6%を消費します。

タンパク質は吸収するのに、エネルギーをたくさん使います。

ですので

太りにくい栄養素となっています。

 

また吸収にエネルギーを使うので

筋トレ中にプロテイン(タンパク質)を飲んだりすると

タンパク質の吸収にエネルギーを使うのと

筋トレにエネルギーを使うので

筋トレの効果が悪くなります。

プロテインは筋トレ後の摂取を心がけましょう。

 

タンパク質は筋肉の元になるから

 

タンパク質は筋肉を作る材料になります。

材料がないと作れないのでタンパク質は必要なのです。

 

筋肉ができる仕組みを紹介していきます。

  1. 筋トレなどによって筋繊維が傷つく
  2. サイトカインという物質を放出し筋肉を修復する
  3. この時にタンパク質を材料に筋肉を修復します
  4. 傷つき、修復しを繰り返し筋肉が大きくなる

これが筋肉ができる仕組みになっています。

筋肉は定期的に負荷がかからないと

縮んでしまいます。

なので定期的なトレーニングと

タンパク質の摂取が必要なのです。

 

豆知識ですが

筋肉は負荷に慣れていくので

毎回同じ筋トレしても効果が薄れていきます。

少しづつ負荷をあげないと効果が薄くなります。

 

タンパク質の1日の摂取量

 

筋肉を作るのにタンパク質と

定期的に負荷をかけることが大切だと

分かりました。

ではタンパク質は1日にどのくらい摂取したら良いのか?

自分の体重×2g

これがタンパク質の1日の摂取量の目安になります。

体重が60kgの人の場合

60kg×2g=120g

が1日のタンパク質の摂取量になります。

 

タンパク質の摂取のタイミングですが

一度に一気に摂取するのではなく

こまめに摂取し1日かけて

摂取量を摂ることが大切になります。

 

人間の体が空腹を感じるのは

エネルギーが不足している時で

エネルギーを作り出そうと

筋肉を分解し、エネルギーを作り出します。

なので

空腹の時間を減らすことがダイエットには必要なのです。

理想の食事は

1食あたりの食べる量を減らし

6食くらいにすることがオススメです。

 

しかし働いてたりでそれが難しい人は

プロテインを飲んだりでも大丈夫です。

このようにこまめにプロテインを飲むだけで

1日の摂取量を摂取できるのと

空腹時間を減らし筋肉の分解を抑えることができます。

 

 

まとめ:タンパク質は体作りとダイエットに役立つ

 

これまでタンパク質の特徴と

タンパク質の役割について

紹介してきました。

 

タンパク質はアミノ酸が集まってできたもので

吸収するときは

一度アミノ酸に分解し

再度タンパク質として合成されます。

このためタンパク質の吸収には

エネルギーを使います。

ですのでタンパク質は太りにくい

栄養素でした。

 

太りにくいだけでなく

筋肉の元になり

体作りの役割を果たしてくれる

重要な栄養素なので

1日に自分の体重×2g必要になります。

 

タンパク質の摂取は

一気に摂取するのではなく

少しづつこまめに摂取し

1日を通して摂取量を摂取することが大切でした。

 

これまでタンパク質の重要さを

紹介してきましたが

1日の摂取量を食事だけで

摂取するのは非常に難しく

プロテインで摂取することが

必要になります。

 

プロテインダイエットという言葉があるくらい

プロテインはダイエットに欠かせない存在なので

プロテインは、、、

と敬遠してる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

最後に私の自己紹介をさせてください。

 

 

上司に「お腹出てきたな」と言われ、本気でダイエットと筋トレに取り組んだ結果、自分の体型を変えることができました。

 

自分の容姿は変えることができるそう実感しました。

 

自分が経験したダイエット方法や筋トレ方法を紹介します。

 

 

 

このブログに「いいな」や「たつやを応援してやるか」と思った方は下をクリックしていただくと、たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事