どうも
8才ダイエットアドバイザーおかたん(@business_tatuya)です。
誰だよって人はこちらで自己紹介と過去の経歴を恥ずかしながら紹介しています。

 

さて、先日このようなツイートをしました。

ダイエットは何かをやめること。
ダイエットって聞くと食事制限とか何かを新しく始めることを意識しがちやけど、何かをやめることの方が効果的。例えば「早食いをやめる」「お菓子をやめる」「偏食をやめる」
太った要因を改善しないとまた元通り。

#おかたんダイエット

 

  • この記事の信憑性

3ヶ月で10キロのダイエットに成功しました。その後も増量と減量を繰り返し、ボディーメイクしています。その経験を生かし、ダイエット方法やダイエットの食事について情報発信しています。

 

ダイエット始めました

ダイエットしたいけど運動はちょっとしんどいし
食事のみで痩せる方法はないのかな?
できるなら食事だけで痩せたい。

 

このような悩みを解決していきます。

 

↓おかたんが10キロ痩せた方法を公開中↓

ダイエットnote

ダイエットで食事制限はどれを選ぶべき?

食事制限は色々あって自分はどれをしたらいいのか分からない。
そんな人には向けてそれぞれの食事制限の特徴を解説しつつどれを選ぶかの参考になるような記事にしていきます。
それではごゆっくりご覧ください。

 

食事制限の特徴をまとめる

食事制限には、みなさんご存知の通り3種類あります。

・糖質制限
・脂質制限
・ケトジェニック

1つづつ解説します。

 

  • 糖質制限

人は糖質をエネルギー源として使うのですが、その糖質を制限し変わりに脂質をエネルギーにしていくダイエット方法です。

この食事制限をしてはいけな人は、「血液を下げる薬を飲んでいる人」や「インスリンの注射をしている人」このような人は糖質制限をすると低血糖発作を起こす可能性があるので、絶対にやってはいけません。また肝臓や腎臓にトラブルを抱えている人も糖質制限はダメです。

《糖質制限が向いていない人》

  • タンパク質などの栄養源が不足している人

日頃の食事でしっかり栄養が摂れていないない人は糖質制限に向いていません。脂質を栄養源にするためにはしっかり栄養素を接ししていることが肝心になります。
糖質制限を行うには、日頃から栄養を意識して摂取するようにしましょう。

 

  • 筋肉量が少ない人

糖質制限をしてもなかなか痩せないそんな声をたくさん聞きますが、そんな人は筋肉量が少ない人が多いです。筋肉の量は基礎代謝に大きく影響しており、筋肉が少ないと基礎代謝も少なくなってしまい痩せにくくなってしまいます。

  • ストレスが多い生活スタイルの人

ストレスが多い生活をしていると糖質制限で効果がでにくくなります。人がストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンを排出します。
このホルモンは体を守り、下がった血糖値を上げてくれるのですが、普段からストレスを感じている人は常にコルチゾールが排出されていると副腎が疲れてそのうちコルチゾールがでなくなってしまいます。
そんな状態で糖質制限すると血糖値の調整がうまくできないので結果が出ないことがあります。

  • カロリーを摂ることに罪悪感がある
糖質制限は糖質は制限するがその代わりにタンパク質や脂質はしっかり摂取するダイエット方法なのです。特に脂質をしっかり摂るのに心配って人はあまり糖質制限は向いていません。
僕自身も最初は次のような失敗をしました。

糖質制限について下記で詳しく解説しています。

 

 

  • 脂質制限

脂質制限はカロリーが高い脂質を制限することで摂取カロリーを減らし痩せるというダイエット方法です。

《脂質制限が向いていない人》

  • 早く痩せたい人

糖質制限は比較的ストンと落ちやすいダイエットなのですが、それに比べると脂質制限は体重の落ちるスピードが遅いので早く痩せたいそんな人は脂質制限は不向きとなっています。

  • 外食が多い人

外食は脂っこいものが多いので、外食が多い人は脂質制限は向いていません。

  • 家族との食事が多い人

脂質制限は脂の摂取量を制限しながらタンパク質をたくさん摂取しないといけないので、低脂質な食事を心がけないといけません。
家族で食事する人は、おかずなどで脂っこいものが出てくる機会も多いと思います。
なので家族と食事する人は脂質制限はあまり向いていません。

脂質制限について下記で詳しく解説してます。

 

 

  • ケトジェニック

ケトジェニックは糖質制限と似ていますが、糖質制限よりも糖質の量を制限するのがケトジェニックです。

《ケトジェニックが向いてない人》
  • タンパク質などの栄養素が不足している人
  • 筋肉量が少ない人
  • ストレスが多い生活スタイルの人
  • カロリーを摂ることに罪悪感がある人

と糖質制限が向いてない人の特徴と同じですが、ケトジェニックは糖質の量をさらに制限するので

  • ご飯、パン、麺が好きな人

も向いていません。

 

ケトジェニックについて下記で解説しています。

 

 

どの食事制限がいいのか?

結論から言うと「人によって違う」です。
というのも「糖質を抜いたほうが痩せる人もいる」し「脂質を抜いたほうが痩せる人もいる」からです。
どっちがいいのかは人によって違うので、どっちがいいかは伝えることができません。

なので色々試してみて自分に合う方法を見つけることが一番いいのですが、糖質制限は比較的すぐに結果が出やすいダイエットなので最初は糖質制限から始めてみて自分に合うかどうかやって見るといいでしょう。

以前このようなツイートをしました。

自分に合う方法を見つけることがダイエットに大切だと思います。

 

ダイエットの食事制限を行うタイミング

これまでそれぞれの食事制限について解説してきました。
ここからは食事制限を行うタイミングについて解説していきます。

 

食事を正してから行う

食事制限を行う前に食事を正すことが大切になります。
食事を正すとは、今の食事量を適正な量にすることです。具体的には腹八分で食べるのをやめてお腹いっぱいまで食べるのをやめることです。

最初はこの食事方法で物足りない感があると思いますが、しばらく継続しているとこの量にも慣れてきます。そこまで行けば食事量を正すことができたのでそこから始めることが大切になります。

なのでまずは食事量を正すことから始めることで食べ過ぎな食生活を改善することができます。

 

習慣を変えてから行う

以前このようなツイートをしました。

生活の乱れは体型に大きく影響します。
遅くまで起きていたり、睡眠時間が短いなど生活習慣は体型に出てきます。

なので、食事制限をする前に生活習慣を整える必要があります。

 

最後に:食事制限を正しく行えばダイエット効果は必ず出てくる

これまで食事制限について解説しました。

それぞれの食事制限に向いている人や向いてない人もいるので様々な方法を試してみて自分に会う食事制限を見つけることが大切になります。

また食事制限はいきなり始めるのではなく「食事を正す」「習慣を正す」これを身につけてから始めることが大切なのです。

どんなダイエットをしたらいいのか分からないそんな人はいろいろ試して自分にあう方法を見つけましょう。

それでは今日はこれまでにします。

 

 

 

 

 


ここまでご覧いただきありがとうございます。

このブログに

「いいな」とか

「おかたんを応援してやるか」

と思った方は下をクリックしていただくと、

たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

↓おかたんが10キロ痩せた方法を公開中↓

ダイエットnote

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事