どうも
8才ダイエットアドバイザーおかたん(@business_tatuya)です。

 

誰だよって人はこちらで自己紹介と過去の経歴を恥ずかしながら紹介しています。

 

さて先日このようなツイートをしました。

 

糖質制限といっても、まだまだ間違って理解してる人が多いように思います。
糖質制限の方法や間違ったやり方について後ほどブログで解説します。
糖質制限をやろうかなって悩んでる人に向けてブログ書きます。

 

では、早速解説していきます。

 

ダイエットの他の食事方法も公開中↓

 

↓おかたんが10キロ痩せた方法を公開中↓

ダイエットnote

糖質制限の食事を解説【ダイエットの危険性についても解説】


「糖質制限とカロリー制限どっちが効果的で痩せるの?」
「糖質制限の食事を作るのが面倒くさい」
「糖質制限の食事が分かりません」
「糖質制限をしてて体重が落ちなくなった」
「糖質をどれくらい抑えるべきなのか?」
「糖質制限で痩せなかった」
「炭水化物を抜くのは危険と聞いたが大丈夫?」

糖質制限をしようとしている人や実際に糖質制限をしている人の中でこのような声を聞きます。
そんな糖質制限の悩みを解決していきます。

 

この記事の信憑性
この記事を書いている僕は、3ヶ月で10キロのダイエットに成功。
その後は増量と減量を繰り返し、ボディーメイクしています。
その経験を生かし、Twitterやブログで情報発信しています。

ダイエット経験2年、ダイエットアドバイス56人の実績

 

では早速解説します。

 

糖質制限の食事を解説

 

糖質制限の食事について解説します。

糖質制限は下記の図のような食事になります。

減らす食事 メインにする食事
パン類、ご飯、麺類 肉類、魚類、卵、海藻類、大豆

 

「パン類、ご飯、麺類」はなるべく減らしながら、「肉類、魚類、卵、海藻類、大豆」をメインとした食事にするのです。

糖質が多い食事

○穀類:小麦粉、とうもろこし
○いも類:ジャガイモ、さつまいも
野菜:かぼちゃ、レンコン
果物:メロン、みかん、りんご
その他:栗

上記の食事も糖質が多いので注意が必要になります。

 

糖質はどれくらい抑えるべきなのか?

 

糖質制限はどれくらい糖質の量にしたらいいのか?摂取するべき糖質の量について解説します。

実は、糖質制限と言っても種類があり、それによって糖質の量が変わります。

糖質制限の種類

スーパー糖質制限:1食あたりの糖質の摂取量10〜20g、1日の摂取量30〜60g
○スタンダード糖質制限:1日あたりの糖質の摂取量70〜100g
○プチ糖質制限:1日あたりの糖質の摂取量110〜140g
○ローカーボネート:1食あたりの糖質量20〜40g。1日の摂取量70〜130g

 

糖質制限って意外と知られていないんですが、4種類ありそれぞれによって糖質の摂取量が変わります。
当然、糖質量を減らせば減らすほど、キツくなるので最初はプチ糖質制限から始めるとリバウンドのリスクを下げながらできるのではないでしょうか。

 

糖質を抜いたら危険と聞いたが大丈夫なのか?

 

結論から言うと、糖質を一切とらないようにすると危険ですが、制限するだけでは危険性はありません。
その理由として、糖質の多い食事が増え、糖質の摂取量が増えています。
体の中にはたくさんの糖質が蓄えられているので、その糖質を正しい量に整える程度の制限であれば問題ありません。
むしろ体にもいいことです。

しかし問題なのが、痩せよう痩せようと糖質の量を極端に減らすことです。

僕自身が糖質を極端に抜いた時の実体験

1.朝起きた時に体がだるく動くのがしんどくなる

2.全身に重りをつけているみたいで、立っているのがやっとの状態

僕は糖質を極限まで減らしたことがありますが、このような症状が出て仕事に支障をきたしたのでやめました。

 

糖質を減らしすぎると下記のようなこともおきます。

筋肉が分解される

集中力が低下する

糖質は減らしすぎると体にむちゃくちゃ悪影響を及ぼします。
減らしすぎはマジでやめたほうがいいぞ。

 

ダイエット中に糖質制限の食事の疑問について解説

これまで糖質制限の食事について解説してきました。

ここからは糖質制限をする際に多くの人が疑問に思っていることを解説していきます。

 

糖質制限とカロリー制限どっちが痩せる?

 

結論から言うと、”痩せるスピードは糖質制限の方が早い”です。

糖質を体に蓄えるには大量の水分が必要になります。
糖質制限し体内の糖質が減ると、それまで必要だった水分が不要になるので一気に水分も減ります。
なので、一気にグンと体重が落ちます。

しかし健康的に痩せるという点ではカロリー制限をした方が健康的に痩せれるし、リバウンドの心配が少なくなります。

痩せるスピードで言うと、糖質制限をおすすめしますが、ダイエットとして長期的にやるにはカロリー制限をした方が効率よく痩せることができます。

 

糖質制限で痩せない人はこちら

 

人によっては、糖質を減らした方が効果が出る人や脂質を減らした方が効果が出る人がいます。
なので糖質制限で痩せない人は、”やり方が間違っている””糖質制限が体にあっていないか”のどちらかです。

糖質制限で効果が出ない人は、脂質制限を試してみるといいかもしれません。

 

 

糖質制限の食事を作るのがめんどくさい

 

糖質制限の食事を作るのがめんどくさい、そんな人はサブスクを使ってみるのもいいかもしれません。

サブスクとは定額制のサービスのことで、糖質制限用の食事を宅配してくれるサービスもあります。
これだと食事を作る時間を削減できるし、料理に悩むこともありません。
しかも、糖質制限中の食事って食費が結構高く付くので、サブスクを利用した方がやすくなる場合があります。

糖質制限の食事を作るのがめんどくさいって人はサブスクを利用してみましょう。

 

最後に:ダイエットで糖質制限の食事をするなら正しい方法で

これまで糖質制限について解説してきました。

糖質制限とは
パン類、麺類、ご飯などの糖質を減らし
肉類、魚類、卵、海藻類、大豆をメインとした食事にします。

糖質制限といっても種類があり、どの種類を選ぶかによって糖質の摂取量が変わってます。

糖質は悪だと思われがちですが、糖質も大切な栄養素で極端に減らしすぎると、体がだるくなったり、筋肉が分解されます。
なので正しい量を守って食事してください。

ダイエットの食事は間違った方法でやってしまうと体を壊してしまいます。
健康的で正しいダイエットを身につけていきましょう。

このブログではダイエットの食事方法や健康的に痩せる方法について発信しております。

どうぞこれからも読んでいってください。

それでは今日はこれまでにします。

 

 

 

 


ここまでご覧いただきありがとうございます。

このブログに

「いいな」とか

「おかたんを応援してやるか」

と思った方は下をクリックしていただくと、

たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

↓おかたんが10キロ痩せた方法を公開中↓

ダイエットnote

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事