どうも   人生を変えるダイエットアドバイザー   おかたん(@business_tatuya)です。   なんだか最近お腹が出てきたなと感じ、   ぽっこりお腹を凹ませたいそんな悩みを持たれている方も多いはず。     そんなぽっこりお腹を凹ます為の効果的なトレーニング方法を紹介します。  

お腹を凹ます効果的トレーニング

  では、早速お腹を凹ます効果的なトレーニングについて紹介します。  
たつや
たつや
ところでみなさんはお腹を凹ませる時、どこを鍛えますか?
体の声
体の声
腹筋かな、、、?
たつや
たつや
なるほど! 間違いではないけど、もっと効果的な着替える箇所があるんだよ。
ということで、腹筋より効果がある鍛える箇所を紹介します。  

下半身を鍛えると効果的

  お腹を凹ます効果的なトレーニング箇所は、下半身になります。   お腹を効率よく凹ませたい場合は下半身を鍛えましょう。   下半身の鍛え方   下半身といえばやはりスクワット   なかやまきんに君さんがスクワットの鍛え方について紹介していますので、ご覧ください。  
  スクワットは間違ったやり方をすると、   腰や膝を痛めやすい種目ですので、   フォームを意識してトレーニングをやりましょう。  

お腹を凹ますのに下半身が効果的な理由

  下半身の筋肉は大きな筋肉で構成されており、   下半身の筋肉を鍛えた方が代謝が良くなります。   脚には全身の約7割の筋肉が集中しているので、   下半身を動かすストレッチやスクワットなどのトレーニングが効果大です。   腹筋の500回分がスクワット15回に相当するともいわれています。   これだけの差があるとは驚きですね。   腹筋を鍛えるより下半身を鍛えた方が良い理由がわかっていただけたでしょうか?   下半身は軽視されやすい箇所ですが、   実は重要な箇所だったんですね。  

お腹は最後に落ちるので継続が大切

  脂肪には落ちる順番があります。   その順番知らずに闇雲にやってもお腹は凹ますことができません。   順番通りに痩せていくので、   その順番を知れば落ち込むこともなくなるかも知れませんので、   落ちる順番を紹介します。   脂肪の落ちる順番はこちらです。  
  1. 手足の先
  2. ふくらはぎ
  3. 上腕
  4. 太もも
  5. 胸・顔
  6. お腹
  7. お尻
という感じで脂肪は落ちて行きます。   皮下脂肪、内臓脂肪は体を守るためについていきます。   そのため、顔、お腹、お尻などの重要な臓器がある場所からついていくのです。   脂肪が落ちる順番は重要な臓器を守るために   顔、お腹、お尻などは最後に落ちるようになっています。   ですので、お腹のお肉はすぐには落とすことはできません。   落ちないからといって、   焦らずコツコツと継続することが大切です。   お腹は最後にしか痩せません。   最初に着くのに、   最後にしか落ちないなんて悲しいですね。  

まとめ:お腹を凹ませたいなら下半身を鍛えよう

  下半身には全身の7割の筋肉が集まっており、   下半身を鍛えることで代謝が良くなり、痩せやすい体になっていきます。   筋肉を1kgつけると、体重は年間で1〜2kg落ちます。   リバウンドをなくダイエットする方法は筋肉を増やすしかありません。   逆に言えば、筋肉をつければ痩せるし、太りにくくなります。   その効果が一番高くなるのが、   下半身を鍛えることです。   ダイエット成功の鍵は下半身のトレーニングになります。   かといって他の箇所を鍛えなくて良いというわけではありません。   全身のバランスが悪くなりますので、   トレーニングは全身を鍛える必要があります。   また早くお腹を凹ませたいという人は、トレーニングと併用して、   食事管理をすると効果が出るのが早くなります。   食事に関しては、他の記事でも紹介していますので、そちらを参考にしてください。   関連記事:肉だけ食べると痩せるのはなぜなのか?   関連記事:脂質と糖質どっちが太るのか?   食事管理についてはこちらの記事を読んでいただければ、   ダイエットの食事について知ることができます。   ぜひ皆様の試してみてください。  

このブログに

「いいな」とか

「おかたんを応援してやるか」

と思った方は下をクリックしていただくと、

たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

おかたん公式LINE

おかたんの公式LINEになります。

ダイエット情報の発信や

ダイエットの相談を受け付けております。

上記のURLをクリックすると

飛ぶことができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事