どうも
8才ダイエットアドバイザー
おかたん(@business_tatuya)です。

 

誰だよって人は
こちらで自己紹介と過去の経歴を
恥ずかしながら紹介しています。

 

さて先日このようなツイートをしました。

 

脂肪が筋肉になるのかって2億回くらい聞かれます。
 
脂肪は筋肉になるのか?について
後ほどブログで解説します。
 
筋肉の仕組みについてもまとめる予定です。

 

では詳しく解説していきます。

 

 

おかたんのダイエットにいたる経験を
赤裸々に公開しています。
毎日19時にダイエット情報が届く
ダイエットLINE↓
おかたん公式LINE

 

脂肪は筋肉に変わるのか?

 

よく筋肉をつけるために
「一度太ったほうがいい」って聞きませんか?

そもそも脂肪は筋肉に変わるのか?

そんなことを思ったことありませんか?

「脂肪」と「筋肉」の特徴を踏まえながら
脂肪が筋肉に変わるのかを解説していきます。

 

脂肪の特徴

 

脂肪は「脂質」とも言われており
炭水化物」「タンパク質」「脂質」を「三大栄養素」と言います。

脂肪は悪い印象を持っている人が多いですが
エネルギーの貯蔵庫と言われとり
体温を保ったり内臓を保護したりする役割があるので
体には脂質もある程度必要で
少なすぎても、多すぎてもダメなのです。

脂肪が作られる過程は
蓄えられていた「糖や脂質」が使われずに余ると
脂肪として体に蓄積されます。

脂肪は体の中の余り物が集まってできたものなのです

 

筋肉の特徴

 

筋肉はたくさんの筋繊維という繊維状のものが集まってできています。

筋肉と言っても大きく3つに分けられており
骨格筋(こっかくきん)平滑筋(へいかつきん)心筋(しんきん)があります。

 

ここでそれぞれの特徴を解説します。

 

  • 骨格筋とは?

体を動かすのに必要な筋肉です。

骨格筋には、腕や足の筋肉、腹筋、背筋などがあります。
自分の意思で自由に動かせるのが骨格筋です。

骨格筋の特徴としては
急速に動かすことができるが疲れるのも早いという特徴があります。

 

  • 平滑筋とは?

胃や腸、血管などの筋肉です。

内臓や血管の壁にある筋肉で、胃や腸を動かしたり
血管を伸び縮みさせたりしています。
自分の意思で動かしたり止めたりすることができない。

平滑筋の特徴としては
ゆっくりと長時間運動ができるという特徴があります。

 

  • 心筋

その名の通り、心臓の筋肉です。

心臓だけに存在する筋肉で、心臓全体が網目のようになっており
それが心筋です。
自分の意思とは関係なく、一生規則正しく動いている。

心筋の特徴として
穏やかに動いたり、激しく動いたりすることができるという特徴があります。

 

 

 

脂肪は筋肉に変わるのか?

 

では本題です。

脂肪は筋肉に変わるのか?
結論から言うと「変わりません」

脂肪と筋肉の特徴を解説してきましたが
脂肪と筋肉は全く別物なのです。

脂に体を動かす力がありますか?
脂に血管を動かす力がありますか?
脂に心臓を動かす力がありますか?

脂は脂であって筋肉にはなれないのです。

なので脂肪を落として
筋肉をつけるしかないのです。

 

筋肉をつけるにはどうしたらいいのか?

 

これまで脂肪が筋肉に変わるのかについて解説してきました。

悲しいことに脂肪は筋肉に変わることがないので
それを受け入れて筋肉をつける方法について解説していきます。

「筋肉をつけるには筋トレだろ?」
そんなことわかってるよ!!
って声が聞こえてきそうですが
もちろん大前提として筋トレは必須です。

ここでは筋トレと合わせて必要なことを解説します。

 

減量をしながら筋肉はつけれるのか?

 

ダイエットしながら筋肉をつけたいって
思ったことありませんか?

痩せながら筋肉をつけれたら効率いいですよね。

ですが
痩せながら筋肉をつけることはできません。

もちろんもともと筋肉が少ない人が
ある程度までいくことは可能です。

しかしある程度からは痩せながら筋肉を増やすことができなのです。

むしろ痩せると筋肉は減ると
思っていただいた方がいいかもしれません。

 

筋肉をつける方法

 

ダイエットすると筋肉は減ってしまうと
先ほど解説しました。

ではどうやったら筋肉をつけることができるのか?

筋肉を増やす食事方法が必要になります。

増量期間減量期間を儲ける食事方法です。

筋肉を増やすには栄養が必要なので
思いっきり食べないといけません。

増量期間を設け、その期間は思いっきり食べながら
筋トレし筋肉を増やします

減量期間で筋肉を減らさないようにしながら
脂肪を落としていきます。

このサイクルで脂肪を減らしながら
筋肉を増やすのです。

 

 

最後に:脂肪と筋肉は別物

 

これまで脂肪が筋肉に変わるのか?
と言うテーマで解説してきました。

脂肪は筋肉にはなりません。

そもそも全く別物で
脂肪は体を動かしたり、血管を動かしたり
心臓を動かすことはできません。

なので脂肪を減らして筋肉を増やすしかないのです。

 

そのためには
増量期間と減量期間を設けて
体つくりを行うことが大切になります。

ダイエットって脂肪を減らすものだと思っている人も
多いかもしれませんが
実は筋肉をいかにして増やすかが本当のダイエットだと
僕は思います。

 

ぜひ筋トレも頑張っていきましょう。

それでは今日はここまでにします。

 

 

このブログに

「いいな」とか

「おかたんを応援してやるか」

と思った方は下をクリックしていただくと、

たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

おかたん公式LINE

おかたんの公式LINEになります。

ダイエット情報の発信や

ダイエットの相談を受け付けております。

上記のURLをクリックすると

飛ぶことができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事