どうも
8才ダイエットアドバイザー
おかたん(@business_tatuya)です。

 

誰だよって人は
こちらで自己紹介と過去の経歴を
恥ずかしながら紹介しています。

 

さて先日このようなツイートをしました。

 

脂肪と筋肉ってどっちが重い?ってよくある質問ですが
脂肪と筋肉の違いについて後ほどブログで解説します。
 
ダイエットの本質的なところまで
解説する予定です。

 

では詳しく解説していきます。

 

 

おかたんのダイエットにいたる経験を
赤裸々に公開しています。
毎日19時にダイエット情報が届く
ダイエットLINE↓
おかたん公式LINE

 

脂肪と筋肉の重さについて

 

脂肪と筋肉ってどっちが重たいの?
って思ったことありませんか?

脂肪と筋肉の重さについて
そして脂肪と筋肉の特徴について
解説していきます。

 

脂肪の重さについて

 

さて早速、脂肪について解説していきます。

脂肪と聞くと悪者のイメージを持つかもしれませんが
生命活動する上で不可欠なものになっており
脂肪がなくなるといきていけないのです。

脂肪と言っても「内臓脂肪」と「皮下脂肪」と言うものがあり
それぞれに特徴があります。

内臓脂肪
腹筋の奥につく脂肪で、つまむことができない脂肪です。
内臓のクッションの役割や内臓の位置を保つ役割があります。内臓脂肪がつくとお腹だけが大きくなる「りんご」のような見た目になります。比較的、落としやすい脂肪で運動や食事制限で落とすことができます。

 

皮下脂肪
皮膚の下につく脂肪で、つまんだときにつまめるのが皮下脂肪です・
体温の維持や筋肉の保護をしている脂肪になります。皮下脂肪はお尻や太ももにつきやすくなり、どっちかと言うと
下半身に脂肪がつきやすいので見た目が「洋なし」のような見た目になります。皮下脂肪は体温の維持など大切な役割があるため
なかなか落ちない脂肪になります。

 

この2つの特徴としてはこのような特徴があります。

 

では本題ですが脂肪の重さは
脂肪の大きさが㎤で0、9007gになります。

 

 

筋肉の重さについて

 

筋肉は筋繊維と言われる繊維状のものが集まってできたものです。

筋肉の一番の特徴は負荷がかかると
もっと強くならなきゃって成長してくれるところです。

負荷を与えればどんどん成長してくれるのです。

そんな筋肉の重さですが
筋肉の大きさが㎤で1、1gになります。

 

 

脂肪と筋肉はどっちが重い?

 

先ほど脂肪の重さと筋肉の重さについて解説しました。

同じ大きさで
脂肪は0、9007g
筋肉は1、1g
なのでこれだけ見れば筋肉の方が重たいことになります。

しかし、筋肉は重たいから筋肉はつけないってなるのは
大間違いです。

先ほどは同じ大きさと言う条件で比べましたが
次は同じ重さと言う条件で解説していきましょう。

例えば脂肪1kgと筋肉1kgがあるとします。

同じ重さだと
脂肪の方が体積は大きくなります

つまり脂肪を1kg落として、筋肉を1kg増やすと
体重は変わっていないですが、見た目は引き締まって見えるのです。

 

脂肪と筋肉どっちが重たいかと聞かれれば
筋肉の方が重たいかもしれないが
筋肉をつけると体重は落ちなくても引き締まってかっこいい体になります。

 

このことから僕は
ダイエットは体重を落とすことではない
と考えています。

体重を落とすと代謝が悪くなり
太りやすくなるし、体を鍛えれば勝手に引き締まって痩せて見えるので
体重を落とすメリットはないと思っています。

 

筋肉をつけると起こる体にいいこと

 

筋肉はつけたくないって思っている人は
結構多いと思いますが、ここからは筋肉の良さについて解説します。

筋肉なんか大嫌いって人は
この先は苦痛になるかもしれないので
筋肉についてもう少し知りたいって人だけ
このまま読み続けてください。

 

体が引き締まる

 

これは先ほども解説したことですが
筋肉をつけると体は引き締まります。

体重は落ちなくても痩せて見えるのです。

ちなみに体重だけを落とした体
筋肉をつけて引き締めた体では
大きな違いが出ます。

ただただ脂肪だけを落とした体は
見た感じが、ただただ貧相な体になります。

芸能人で例えるとアンガールズさんみたいな感じですね。

 

一方、筋肉をつけて体を引き締めると
かっこいい体になります。

芸能人で例えると田中みな実さんとかですね。

 

体重を落として痩せるのと
筋肉をつけて引き締めるのではこんなに違います。

 

太りにくくなる・痩せやすくなる

 

筋肉をつけると「太りにくく・痩せやすく」なります。

筋肉を増やすと代謝量が上がり
消費しやすくしてくれます。

そのため太りにくくなり
ある程度まで筋肉をつけると
ダイエットが比較的簡単になります

特に女性で筋肉をつけると
体がゴツくなるからいややって人も多いかもしれませんが
女性は筋肉がつきにくく、どちらかと言うと引き締まると言う
特徴があるので、ゴツくなる心配はしなくていいでしょう。

 

最後に:筋肉はダイエットには必須

 

これまで脂肪と筋肉どっちが重たいか
と言うテーマで解説してきました。

重たさだけで言うと「筋肉」の方が重たいですが
同じ重さで比較すると「筋肉」の方が小さいので
体重を1kg減らして筋肉を1kg増やすと
体重は同じでも引き締まって見えます。

ダイエットは体重を落とすことが大切なのではなく
いかに筋肉をつけるかが大切なのです。

筋肉をつけるメリットとして
体が引き締まってかっこいい体になるだけでなく
太りにくく・痩せやすい体になります。

リバウンドで失敗してしまう人が多いのは
体重ばかりに目を向けているからなのです。

大切なのは
体重を落とすことではなく
体を引き締めること

これを覚えておいてください。

さて今日はここまでにします。

 

 

 

このブログに

「いいな」とか

「おかたんを応援してやるか」

と思った方は下をクリックしていただくと、

たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

おかたん公式LINE

おかたんの公式LINEになります。

ダイエット情報の発信や

ダイエットの相談を受け付けております。

上記のURLをクリックすると

飛ぶことができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事