この記事は約3分で読むことができます。

 

どうも

人生を変えるダイエットアドバイザー

おかたん(business_tatuya)です。

 

腸内に「痩せ菌」という菌がいることを

ご存知でしょうか?

腸内はいい環境に整えることで

体にいいことがたくさんあります。

そんな腸内環境についてお話ししていきます。

 

腸内環境で痩せ菌を増やす方法とは?

 

腸内環境で痩せ菌を増やすには

  • 善玉菌を含む食品を食べる
  • 善玉菌のエサをあげる

この2点が重要になります。

では1つづつお話ししていきます。

 

善玉菌を含む食品を食べる

 

善玉菌を含む食品が

「発酵食品」です。

発行
発酵食品
納豆
ヨーグルト
キムチ
チーズ
発酵食品になります。
これらは腸内を整えるので
積極的に食べるようにしましょう。

善玉菌のエサをあげる

 

善玉菌は

「食物繊維」と「オリゴ糖」が大好物です。

 

食物繊維
ごぼう、ニンジン、ほうれん草などの野菜類
納豆
里芋、コンニャクなどの芋類
海藻
きのこ類
これらが食物繊維が豊富に含まれた食品になります。
オリゴ糖
大豆
ごぼう
アスパラガス
とうもろこし
玉ねぎ
にんにく
バナナ
がオリゴ糖が豊富に含まれている食品になります。
これらの食品を食べることで
善玉菌のエサになり、善玉菌が多くなります。

腸内環境の痩せ菌とは?

 

腸内には腸内細菌と言われている菌が存在します。

その数は約100兆個とも言われ

ものズゴイ数の菌が生息しています。

その中で菌の種類は
大まかに3種類に分けられます。
それは
  1. 善玉菌
  2. 悪玉菌
  3. 日和見菌

になります。

ここで各菌の特徴を紹介します。

善玉菌とは?

 

善玉菌とは腸内のヒーローです。

腸内環境をよくするため日々戦っています。

感染を防いだり

有害な物質を外に出す

など体を守る上でとても重要な役割をしてくれるのが

善玉菌です。

 

悪玉菌とは?

 

悪玉菌とはその名の通り悪役です。

体に悪い影響を及ぼす菌で

便秘や下痢、発ガン性物質を

作ったりと体に悪い影響を及ぼす菌です。

 

日和見菌とは?

 

日和見菌は

善玉菌が多ければ善玉菌の味方になり

悪玉菌が多ければ悪玉菌の味方になります。

強い方の味方になる

ドラえもんに例えると「スネ夫」が日和見菌になります。

この日和見菌が「痩せ菌」になります

 

しかし悪玉菌が多い状態だと

デブ菌になり、

善玉菌が多い状態だと

痩せ菌になります。

日和見菌を痩せ菌にするためには

善玉菌を増やす必要があります。

 

腸内環境に良いバランスとは?

 

腸内環境の菌についてお話ししてきましたが

善玉菌を増やして

悪玉菌をなくせばいいと思われる方も

多いと思いますが

悪玉菌がいなくてもダメなのです。

「腸内フローラ」という言葉を聞いたことありますでしょうか?

腸内の様々な菌がバランスよくいることで

植物が群生しているお花畑のようにみえることから、

「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

腸内のバランスは非常に大切で

善玉菌:悪玉菌:日和見菌が

2:1:7

のバランスが1番良いバランスになります。

出典:ビオフェルミン製薬HPより

 

これが腸内フローラの良いバランスです。

 

まとめ:腸内環境は善玉菌を増やせば痩せ菌が増える

 

これまで腸内環境の痩せ菌についてお話ししてきました。

腸内環境をよくするには

  • 善玉菌を含む食品を食べる
  • 善玉菌にエサをあげる

でした。

善玉菌が増えることで

日和見菌が善玉菌の味方になり

痩せ菌へと変化します。

痩せ菌を増やすことで

ダイエットすることができます。

腸内環境を整えるだけのダイエットで成功した人も

いています。

腸内環境を整えることは

ダイエットだけでなく、病気の予防にも繋がります。

腸内環境は整えると

肌が綺麗になったり、病気になりにくかったり

いいことがたくさんありますので

ぜひ腸活をやってみてはいかがでしょうか?

まずは食事から腸内環境を整えてみましょう。

 

 

 

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

最後に私の自己紹介をさせてください。

 

 

上司に「お腹出てきたな」と言われ、本気でダイエットと筋トレに取り組んだ結果、自分の体型を変えることができました。

 

自分の容姿は変えることができるそう実感しました。

 

自分が経験したダイエット方法や筋トレ方法を紹介します。

 

 

 

このブログに「いいな」や「たつやを応援してやるか」と思った方は下をクリックしていただくと、たくさんの人の目に止まる気かっけになります。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事